借金返済の専門で優秀な弁護士に無料相談をして減額する方法

MENU

借金返済の賢い方法

借金返済の賢い方法

 

借金返済が苦しくなったとき、どうすればいい?

 

 

 借金はしないで済めばそれに越したことはありませんが、実際には様々な事情により、借金の額が増えすぎて返済が追い付かないといった悩みを抱えてしまう人は少なくありません。
 金利の高い消費者向けのローンで多額の借金を抱えてしまった場合、金融機関のおまとめローンで金利負担を減らすなどの手段により問題を解決できることもありますが、その程度の手段では解決できないほど多額の借金を抱えてしまったときには、法的な解決手段も検討する必要があります。
 借金問題の法的な解決手段には、主に任意整理(債務整理)、特定調停、自己破産、個人再生があります。

 

(1) 任意整理
 弁護士や司法書士に債務の整理を依頼し、業者と交渉してもらう方法です。消費者金融や信販系などの業者が相手の場合、将来の利息返済を免除してもらい、元金残額を3年間程度で分割返済するというのが業界の慣行となっており、そのような和解案なら業者も受け入れてくれる可能性が高いです。

 

(2) 特定調停
 簡易裁判所の特定調停手続きを利用し、裁判所を通じて業者と交渉する方法です。和解案の相場は任意整理とほぼ同程度ですが、弁護士や司法書士を代理人に立てなくても業者と交渉できるというメリットがあります。

 

(3) 自己破産
 裁判所に破産手続開始の申立てをする方法です。破産手続きでは、生活上最低限必要な財産を除く破産者の全財産を処分して債権者に配当し、それでも返済できない債務について、破産者の免責が許可されれば残債務全額の返済義務が免除されるという、最も強力な解決手段です。
 その代わり、自己破産すると一定期間、一定の職業(保険外交員、宅建業者、警備員など)に就けないといったデメリットがありますが、そのデメリットは世間一般でイメージされているほど大きなものではありません。

 

(4) 個人再生
 民事再生法に基づく手続きを利用する方法で、個人債務者の場合は小規模個人再生を利用するのが一般的です。例えば、500万円の借金がある場合、高額の財産が特に無ければ、100万円を3年間で分割返済することで残りの債務を免除してもらうことができます。様々な事情により自己破産ができない、自己破産したくないという場合には、個人再生も検討に値するでしょう。

 

 

一人で悩むよりは法律事務所へ相談を

 

 

 

 これらの法的な解決手段を採った場合、一定期間クレジットカードが利用できなくなるなどのデメリットもありますが、世の中には借金問題を自分だけで抱え込んだ結果、自殺や犯罪などで自らの破滅を招いてしまう人も少なくありません。
自力での返済にこだわりそのような結果を招くよりは、早めに法律事務所などへ相談に行き、法的な解決手段により早期の生活再建を図るのが、借金返済の賢い方法であると言ってよいでしょう。

更新履歴